JP / EN

広告

Python OpenCV/PillowでWebP画像を読み込む

タグ:python

最近.webpなる見慣れない拡張子をたまに見かける。これは比較的新しい画像圧縮フォーマット、 WebP (ウェブピー、ウェッピーとも) ファイルである。
目新しいフォーマットであるのでPythonでOpenCVやPillowを使って画像処理プログラムを 開発しているときは「これどうやって読み込んだらいいんだ……?」と面食らってしまうかもしれないが、 実は最新のライブラリ類であればもう見込めるようになっている。
    import cv2

    im = cv2.imread("./webptest.webp")
    print(im)  # 値の入った行列がプリントされればok

    
    from PIL import Image
    im = Image.open("D:/Users/user/Pictures/tmp/webptest.webp")
    print(im)
    # 
    # みたいなものが出ればok
  


動作確認用にweb画像のサンプルもついでに置いておく。手持ちのwebpがない方は右クリックから保存して使われたい。



おすすめ記事

PIL, NumPy, PyTorchのデータ相互変換早見表

NumPyのarray.sizeに相当するのはPytorchのTensor.numel()

PyTorchのテンソルを画像にして保存する



このエントリーをはてなブックマークに追加

https://wonderhorn.net/